読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想カウンターバー「ゲルマニウムトランジスタファズフェイス」へようこそ

座って勝手に飲んで妄想していってください。踏み倒し厳禁。

今更ながら『知床旅情』の深さに感動する。

昨夜InterFMのTERAOKA MUSICという、寺岡呼人さんがやっている番組にポルノグラフィティが出てた。

www.interfm.co.jp

 その中で、ハルイチさんが「父が昔加藤登紀子さんを好んで聴いていて、この前実家に帰ったらまだCDがあった。聴いてみたら、歌詞がものすごくよくて、自分がとても影響されていたということに気づいた」と話していた。

ハルイチさんの歌詞は非常に文学的で観念的で、歌詞先行だった昔の作法に近いものがあるのも頷ける。

 番組では『百万本のバラ』がかけられたのだが、ふと、加藤登紀子さんがカバーした『知床旅情』の歌詞を思い出した。

知床旅情』は、森繁久弥さん作詞作曲・歌で、元々は『オホーツクの舟歌』という劇中歌だった。

改題・改詞されて、いろんな人がカバーしている。

そのカバーした人のひとりが、加藤登紀子さん。

飲んで騒いで丘にのぼれば はるかクナシリに白夜は明ける

 この部分を思い出して「これは完全に北方領土は日本の国土だということを念頭に置いているのでは」と思った。

実際元歌の『オホーツクの舟歌』では、 

父祖の地のクナシリに 長い冬の夜があける日を
白いカモメが告げるまで

霞むクナシリ 我が故郷
いつの日か詣でむ 親御の墓に
ねむれ 静かに

 とある。

時代的に政治的歌詞を書きかえざるを得なかったのか、単に大衆的にしたかったのかはわからないが、今改めてこれが北方領土を思慕する歌と気づいた。

『オホーツクの舟歌』の歌詞もジーンとくるが、そこから極力言葉を削ぎ落とした『知床旅情』の歌詞は、すべてを語らぬまま、十分にこちらに伝わってくる素晴らしい歌詞だということに今更ながら気づいた。

そして、この歌詞をメジャー調のバラード曲に仕立てているということも絶妙だ。

 ハルイチさんのルーツは、こういうところにあるんだなとと思うと、非常に納得する。

 『知床旅情』歌詞

www.uta-net.com

 『オホーツクの舟歌』歌詞

www.uta-net.com